シェルティ・マックス のパパママ日記

maxmomdad.exblog.jp
ブログトップ

まちの本屋

今朝、いつものカフェで読み終えた本。

まちの本屋。 岩手県盛岡市の本屋の店長さんが書いた、まさに「まちの本屋」の本。 自ら本屋さんの息子として生まれ、のちに父親から店を引き継いだものの、7年後、店を閉めることになったという大変な経験をした著者。 書店員としてのキャリアだけでなく、経営者の視点も盛り込んで書かれた地方の本屋さんの熱いメッセージ。

私自身、本も本屋さんも大好きで、少し本に関わることを始めたこともあり、この本にはとても勇気をもらえた。 我が家の 近所の本屋さんも、ユニークな活動で人気だし、本屋という存在、絶対無くならないだろう。 経営が難しいことは確かなので、より新しい視点、より町の人々と寄り添う形態を取り入れることが必要。 そういう意味でいろいろな希望に満ちた仕事だ、と再認識した。

ポプラ社さんの本です。こちらは本当にたくさん良い本を出している出版社さん。ありがたいです(^^)

e0169470_08225359.jpeg

by maxmomdad | 2018-07-06 08:11 | Comments(0)

愛犬マックスとの暮らし、日々の出来事 徒然。


by maxmomdad