シェルティ・マックス のパパママ日記

maxmomdad.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

断る力!

先日のセミナーで、自分の大切なことに使う時間を生み出すには、大切でないことははっきりと断ること!というのを再認識したこともあり、以前から気になっていた勝間和代氏の「断る力」(文春新書)を読んだ。 

今をときめく著者、という偏見もあり、ちょっと気が引けていた(あまのじゃく?)のだが、読んでみて、一々納得させられる内容だった。 タイトルは「断る力」だが、何も断り方が書いてあるわけではなく、断るためには、自分に自信を持ち、責任を持ち、リスクをとる覚悟がなくてはならない。 そのためには・・・というようなまったくもって自明のことながら、普段あまり意識しないまま他人の言動に流されている自分をあらためて認識させてくれる名著だと思った。 他人の目を気にする、空気を読むことを強要される、知らず知らずそういうふうに育って来ている傾向のある日本人、ひいては私自身。 大いに反省させられ、勇気づけられた。 自分にとっての一番大切なことを実現していく為に、今一度「流されない生き方」を意識してみようと思う。 

著者によると、こういった「考え方のクセ」は、35歳までに身に付けたい・・・とのことだった。 かなりその年齢は過ぎてしまったが、けっして今からでも遅くはないだろう。 いや、むしろ先が見えてきた今だからこそ、大切なこととそうでないことをはっきり識別して毎日を過ごすべきだし、またそれが出来る分別もある、というわけだ。 さて、明日は年度末・・・新しいスタートへ向けての締めくくり・・・しっかりやろう・・・・ね! マックス!
e0169470_22213029.jpg

by maxmomdad | 2009-03-30 22:23 | others... | Comments(0)

愛の挨拶

今日はチェロ・アンサンブルの練習会とウチワのミニ・発表会だった。 ママ&パパでお昼過ぎから池袋の芸術劇場リハーサル室へおでかけ。 マックスは珍しく長時間のお留守番デー。
アンサンブルでは12人くらいで今4曲を練習している。チャイコフスキー、ブラームス、などなど。男女とりまぜ比較的高齢(!)ながら、30歳から70歳くらいまでが一緒にひとつのことに熱中する・・・とてもいい仲間達だ。 そしてミニ・発表会でママは「愛の挨拶」と「リベルタンゴ」をカルテットで弾いた。 うちに集まって2度ほど練習したものの、今日はぶっつけ本番で、緊張した。 でも何といってもリベルタンゴのノリの良さで皆さん感心してくださったようでよかった~! 今日の出かける間際に1時間弱練習をしていった甲斐があったというものだ・・・! マックスを飼いはじめてからほんとに練習時間が少なくなってしまったけど、もっと練習しよう!と久しぶりに思った今日でした。 その帰りには池袋のHUBでパパとビールなぞ飲んで帰ってきた。 ほんとうは皆との打ち上げに出たかったけど、マックスをあまり長い間ひとりぽっちにしておくのはかわいそうなので帰って来た・・・ ほんとに優しいパパ・ママだなあ~! (写真は去年の発表会)
e0169470_22491637.jpg

by maxmomdad | 2009-03-28 22:49 | Cello & music | Comments(2)

セミナー

金曜日は職場で開かれた「時間管理」のセミナーに一日出席した。 このところ職場で各種自己啓発的セミナーが開かれうれしい限りだ。 無料で、しかも勤務時間中にオフィスの中にあるセミナー室でさまざまな有益な話を聴くことが出来るんだから・・・! 

そして特にこのセミナーは、現在「忙しい、忙しい・・・忙しくてやりたいことをやる時間がない・・・」と日々流されている我々に一石を投じてくれる内容のものだった。 日々起こる「やるべき事柄」を4つのカテゴリーに分け、その中のひとつ、「至急やらねばならない」ように見えて、「実は自分にとって大切ではないこと」を見分け、出来るだけそれを排除し、「本当にやるべきこと」に時間を費やす・・・というものだった。 これに当てはめて考えてみると、確かにずいぶんの時間をこの無益なことに使っているということを実感する。 無益なこととは、たとえば「長電話に付き合う」「上司からの誘いで出かける愚痴の飲み会」「同僚に依頼された無意味なレポート」・・・などなど。 その他、「だらだらとしてしまうネット・サーフィン」なども別のカテゴリーの無駄な時間に数えられるが・・・。 それらを減らし、将来の夢に向けての準備、計画、読書、練習・・・などなど自分にとっての大事なことへの投資、または家族や恋人、友人、そしてペットとの充実した時間を作っていく、というもの。 私もこのところ、今の会社員人生でなく、別のものを目指していたりするし、もちろん家族との時間を長くしたいと思っているので、かなり真剣に聴いてしまった。  

人生は短い、そのうち、そのうち、と思っていると何もしないまま人生は終わってしまう・・・・というあいだみつお氏の詩などもビデオに盛り込まれ、なかなか面白かった。 わかってはいても明確化されると実践しやすい。さっそく明日の仕事でも必要なこと、無益なことを意識してやってみようと思う・・・。 

そう、将来の夢に向かっての準備と、パパとマックスと過ごす時間、それが今私にとって一番大切なこと!

e0169470_20571749.jpg

by maxmomdad | 2009-03-15 20:58 | others... | Comments(0)

春に想う

雨が多かったりもするけれど、この季節晴れるとほんとうに春が来たんだ・・・と思わせる明るい日差しにあの春この春を思い出し、何ともせつない気持ちになる。 うれしくて哀しくて・・・それが春を表す言葉かな。 

そして札幌生まれのMaxが我が家の子になって1年ちょっと・・・。 去年の今頃はまだまだちっちゃくて、ウンチの掃除や、スリッパを噛んでしまうことや、靴下を取られる心配や・・・何やかやに大騒ぎだったっけ。 もちろん体重も今よりず~っと少なくて、ラクラク持ち上げられたな。 ・・・そんなマックスがすっかり大きくなって、物分りも良くなって、夜も安心して一緒にベッドで寝られるようになり・・・。 ママはほんとにうれしいよ、マックス。 持ち上げるには少々大きくなりすぎだけど、抱えたときのフワフワで暖かい大きな身体がまた気持ちいいんだよね~、マックス。

去年の2月、札幌旅行中に偶然マックスを見つけ、どうしても連れて来たくなり、一週間後に羽田空港まで迎えに行って以来、私達の生活を一変させたマックス。 私はそれまで考えたこともない生活へと突入した。 朝起きるとまずウンチとオシッコの掃除、会社が終わると早足で帰宅してまたウンチと格闘・・・、銀座や渋谷のレストランよりも近くの公園に行くのが楽しみな日々、知らない人ともたくさん笑顔でワンコ話をする・・・などなど、以前の私とは比べられないような「ママ」になった。 それはパパも同じ。 今では生活の中心にマックスがいて、何をするにも「マックスは・・・?」というくらい。 私の両親もまるで孫が出来たようにマックスを可愛がってくれる、お友達もマックスに会いにわざわざ来てくれる・・・・まさに皆を変えてしまったマックス。 ペットの力はすごいなあ・・・・。

あの2月の寒い日、札幌で私達をマックスに会わせてくれた神様に感謝!!

ママ
e0169470_22591788.jpg

by maxmomdad | 2009-03-12 23:01 | Max diary | Comments(2)

月曜日だけど休日!

今日は休みを取った。 なので、いつもは憂鬱な月曜日がハッピー。 朝はゆっくりと起きて、コーヒーとフルーツでパパ&マックスを公園散歩に送り出し、ゆっくりシャワー、洗濯・・・で、帰って来たパパと近くのお店で大好きなパンケーキを・・・・というような、ハッピーな一日の始まり。 つくづく会社を休むのは楽しいなあ・・・と実感。 こうしてブログの更新も出来るというわけで。

今にも雨が降り出しそうなお天気だが、リビングでこうしてパソコンを打ちながらのんびり・・・は一番好きな時間。 パパも向かいの席で明日のレッスンの準備などでパソコンに向かってしまっているので、マックスはお気に入りのソファで寝てる。 すっかり大きくなってもうはみ出し状態だけど・・・。 

この頃はますますこちらの言う事がわかっているような感じなので、ますますカワイイ。 こんなに可愛いとまた旅行に行くのがつらくなるなあ・・・と心配。 去年の海外旅行の時は一週間やはりシェルティを飼っている友人宅にお世話になったが、そうたびたびお願いするのも気が引けるし、何よりあまりにぎやかなところに預けられるのがマックスにとってうれしいのかどうかイマイチ疑問だったりするし。 マックスについては心配が尽きることなく、ほんとうに初めての息子を持った気分だ・・・・!

さて、今日はグチャグチャな引き出しの中を整理したり、たまった本を読んだり、チェロの練習をしたり・・・・やることは山積み。 マックスと遊ぶのはほどほどにして、これらを片付けようっと。

ママ
e0169470_11234252.jpg

by maxmomdad | 2009-03-09 11:24 | Max diary | Comments(0)

甘える・・・

犬は、というかペットは飼い主に似る・・・とよくいわれる。  というより、まずは犬を選ぶときに自分にフィーリングの合う犬を選ぶことが多いだろうから、きっとそこでまず何かしら飼い主と犬とは通じるものを持つ。 そしてもちろん毎日毎日一緒に暮らすのだから、ますます共通する体験、共有する時間がそれぞれを「似たもの」にしていくのだろう。 夫婦もきっと同じだろうが・・・。 

そして、思うにマックスは私と同じで、あまりベタベタ甘えない・・・。 というか、家に来るお客さんは大好きで、街で微笑みかけてくれる人も大好きで飛びついたり愛想がやたらといいのだが、家で私の膝にのって甘える・・・などはしなかった。 ・・・ところが最近、特に私と二人だけ(?)だと、ソファに座った私の脚の上にのってずっとじっとしていたり、じゃれたりするようになったのだ・・・! ちょっとウレシイ。 パパも含めて3人の時は遠慮があるのか(誰に?何に?)あまりしないのだが・・・。 だから私もマックスを見習って、「甘える」ことをちょっと実践しようと思う。 やっぱり人間、甘えたり甘えられたりするのはうれしいもんなんだ、と思う。

一人ですっくと立っている方が、何かに寄りかかり、それが急になくなりコケルよりいいと思ってきた。 でもこの頃、そうではなく、パパとマックスと私、3人でお互い寄りかかりながら人生の荒波を(?)超えていくのも悪くないなと思うようになった。 もちろん、そこにはコケルキケンが伴う。 でも多少のキケン覚悟でもたれかかる相手がいるというのも悪くない・・・・。 

犬一匹・・・いろいろ人生を変えてくれている。

e0169470_20555920.jpg

by maxmomdad | 2009-03-02 21:00 | Max diary | Comments(0)

愛犬マックスとの暮らし、日々の出来事 徒然。


by maxmomdad